日々の音色とことば

新刊『ヒットの崩壊』が出ました。

THE JETZEJOHNSON取材

取材続き。久々のトリプルヘッダーでクタクタになったけれど、なかでもTHE JETZEJOHNSONのインタヴューが非常に面白かった。

Discoveries(DVD付)Discoveries(DVD付)
(2008/04/09)
THE JETZEJOHNSON

商品詳細を見る

3人とも初対面だったけれど、Vo/G藤戸じゅにあのマシンガン・トークはかなりのもの。アルバムの話にとどまらず、機材の話、フォントの話、どんどん脱線しまくる。でも、マシンガン・トークと言っても、ドーパンの“スター”みたいな自信過剰っぷりとは正反対な感じなのも面白い。制作のときは、いつも不安からやり込み過ぎてしまうのだそうな。

確かに、ジェッジジョンソンみたいな音だと普通のロック・バンドみたいな「方程式」は存在しない。一聴するとロック+エレクトロなんだけど、そのどちらにも寄らず、ギリギリとバランスで野蛮さと繊細さ、グルーヴとセンチメンタリズムを同居させている。そして、それをライヴ・バンドとして完璧に再現している。

こういう“発明”としてのロックが日本においてもどんどん根付いていくといいな、と思う。