日々の音色とことば

新刊『ヒットの崩壊』が出ました。

COLDPLAY『美しき生命』

美しき生命 【初回限定盤】美しき生命 【初回限定盤】
(2008/06/11)
コールドプレイ

商品詳細を見る

凄まじきクオリティのアルバム。

前作『X&Y』との違いは、ジャケット写真の雰囲気に如実に現れている。カラーコードの暗号を用い謎めいた雰囲気をかもしだす『X&Y』。ドラクロワの「民衆を導く自由の女神」の上に、殴り書きのようにタイトルを記した『美しき生命』。生々しい力強さ、生の肯定……大袈裟な言葉を使えば、このアルバムにはそういうムードが満ちている。

(余談だけど、ドラゴンアッシュの『Viva La Revolution』も、ジャケの元ネタは一緒。並べてみるとなんだか不思議な感じがするなぁ)

(参照)

X&YX&Y
(2008/06/11)
コールドプレイ

商品詳細を見る

(こちらもついでに参照)

Viva La RevolutionViva La Revolution
(1999/07/23)
Dragon Ash

商品詳細を見る

アルバムを一聴して感じるのは、聴いてて「アガる」感覚。背中を押されるような、身体が熱くなるような感覚。『静寂の世界』『X&Y』はとても冷んやりした感触があったから、それがすごく対照的に感じる所以だろうな。

特に、タイトル通り日本で書かれたという「ラヴァーズ・イン・ジャパン」なんかは、とてもシンプルなポップネスを持っている。タイトル・トラックの「美しき生命」も、四つ打ちのリズムと軽やかなストリングスが、すごくグッとくる。アルバムの様々なところに配されている民族っぽいパーカッションとか、ラテンなフレーズとかも、いい。

勿論、コールドプレイならではの精緻なバンド・アレンジと鬼のように完璧なサウンド・プロダクションは、全曲に宿っている。でも、それが“大作主義”や“壮大さ”じゃなくて、エ感情の“熱さ”に結実したのがこのアルバムなんだと思う。

素晴らしい。