日々の音色とことば

新刊『ヒットの崩壊』が出ました。

BUZZ「2008ロック・フェス大特集」

BUZZ (バズ) 2008年 10月号 [雑誌]BUZZ (バズ) 2008年 10月号 [雑誌]
(2008/08/29)
不明

商品詳細を見る

毎年恒例、フジ・ロックとサマーソニックのレポ&インタヴューが載った『BUZZ』の2008年度版にて記事を書きました。以前は編集にも携わっていたんだけど、今年は原稿のみ。

記事本文にも書いたけど、個人的に収穫が大きかったのはプロディジーのインタヴュー。出番直前の彼らにステージ上でやる予定の新曲について感想を述べる――という、現場ではなんとも思わなかったけれど、改めて考えると不思議な感触の取材。YouTubeの便利さを痛感。それにしても“World's on fire”はいい曲だなあ。中盤のブレイクでのいかにも90年代初頭レイヴなシンセラインが最高だ。2〜3年前だったらめちゃめちゃダサいと思ったかもしれないけど(これが「ジャスト」ということなのかな)。

届いた雑誌をパラパラと読んでいたら、痛恨のミスも発覚。

ゼブラヘッドのレポで

 アリのTシャツの背中にも「エドが糞をもらした」って書いてあった

と書いたんだけれど、その文章が載っているページがこれ。

BUZZ47-3.jpg

背中じゃなかった!