読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日々の音色とことば

新刊『ヒットの崩壊』が出ました。

a flood of circle取材

PARADOX PARADEPARADOX PARADE
(2009/11/18)
a flood of circle

商品詳細を見る

2ndアルバム『PARADOX PARADE』をリリースするa flood of circleを取材。

今年4月にアルバム『BUFFALO SOUL』でメジャーデビューを果たすも、そのツアーファイナル直前にギタリスト・岡庭匡志が失踪。取材直前の10月14日に脱退が発表されたばかり。すでに報じられてはいるが、当然その話にはなる。

ナタリー/a flood of circle、ギタリスト失踪事件のすべてを明かす
http://natalie.mu/news/show/id/21379

結局3ヶ月間、メンバーもスタッフも本人とは全く連絡を取れていないという。それでも本人の無事は確認できており、なんらかの事件に巻き込まれたということではなさそう。訊き難い話題になるか……とも思ったが、本人たちにはもう意識は「次」へと向かっているようだった。

アルバムには、ライヴ・サポートをつとめている奥村大(wash?)に加えて、菅波栄純THE BACK HORN)、安高拓郎椿屋四重奏)、竹尾典明(FoZZtone)という4名のギタリスト陣が参加。なんでも、面識のなかった菅波にはメンバー自ら手紙を「筆で、なるべく達筆に」したためて、参加をお願いしたとのこと。ギタリストが居なくなって3人になったからスリーピースっぽいシンプルな音になるのかとも思ったけれど、実際はその逆。かなり派手にギターがフィーチャーされたアルバムになっている。そういうところも逆境をはねっ返すような彼らの意地が感じられて、すごくいい。

もともとがむしゃらな勢いを感じさせるところがいいなあ、と思っていたバンドだけれど、幸か不幸か、ギタリストの失踪を経てその「がむしゃらさ」に芯としてのリアリティが出てきた感じもする。