読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日々の音色とことば

新刊『ヒットの崩壊』が出ました。

2010年個人的ベスト5

『CDジャーナル』1月号の特集企画「2010年のベスト・ディスク100 +2010年 私のベスト5」に参加しました。

CD Journal (ジャーナル) 2011年 01月号 [雑誌]CD Journal (ジャーナル) 2011年 01月号 [雑誌]
(2010/12/20)
不明

商品詳細を見る



僕が選んだ5枚は以下の通り。

神聖かまってちゃん『みんな死ね』
みんな死ねみんな死ね
(2010/12/22)
神聖かまってちゃん

商品詳細を見る

The Mirraz『TOP OF THE FUCK'N WORLD』
TOP OF THE FUCK’N WORLDTOP OF THE FUCK’N WORLD
(2010/09/08)
The Mirraz

商品詳細を見る

OKAMOTO'S『オカモトズに夢中』
オカモトズに夢中オカモトズに夢中
(2010/11/03)
OKAMOTO’S

商品詳細を見る

オワリカラ『ドアたち』
ドアたちドアたち
(2010/08/04)
オワリカラ

商品詳細を見る

カニエ・ウェスト『マイ・ビューティフル・ダーク・ツイステッド・ファンタジー』
My Beautiful Dark Twisted FantasyMy Beautiful Dark Twisted Fantasy
(2010/11/22)
Kanye West

商品詳細を見る

コメントは以下のように書いています。

2010年は日本のロックにとって、時代の潮目が変わった一年だった。YouTube以降の世代が本格的に跋扈し、ニコ動やTwitter以降のコミュニケーションが音楽のあり方自体も変えていった。その象徴が神聖かまってちゃんThe Mirrazの暴れっぷり。OKAMOTO'Sを筆頭にした10代の台頭も見逃せないし、オワリカラも”次”を狙っている。洋楽では〆切直前に届いたカニエがダントツ。


上に書いた通りで、5枚のうち邦楽勢4枚は「個人的な好き嫌い」「音楽としての良し悪しの評価」というよりも、今年に起こった日本のロックシーンの潮目の変化の象徴という基準で選んでいる。「オワリカラ」はまだそこまでアテンションを集めていないから、そのかわりに「世界の終わり」や「七尾旅人」や「やけのはら」や「まつきあゆむ」が入ってもいいかもしれない。

洋楽のカニエ・ウェストに関しては、届いてからもうずっと聴き続けているくらいの、心の底からすごいと思ったアルバム。〆切直前に聴いて、そのあまりの衝撃にMGMTから急遽差し替えてもらったけれど、その判断は間違ってなかったと思う。MGMTサイケデリック感は個人的には大好きなんだけれど、あの「逃避」のモードは2010年のムードにはそぐわないかな、とも思う。