読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日々の音色とことば

新刊『ヒットの崩壊』が出ました。

第56回 #グラミー賞 受賞者を勝手に予想してみた

未分類

画像はWOWOWのサイトより
(※画像はWOWOWのサイトより)

今回は「世界最高峰の音楽賞」グラミー賞の話です。もうシンプルに、競馬の予想よろしく本命と対抗挙げていこう、という話。洋楽不況とかいろいろ言われる昨今だけど、基本的にこういう「お祭りごと」は楽しんだもん勝ちだなあ、と。

最後に告知で書いてるんだけど、グラミー賞関連のトーク番組に呼んでもらったのもあるし、ちょっと本気で予想しとこう、と。

第56回グラミー賞の授賞式の開催は1月27日の午前9時(日本時間)。終わったら「◯勝◯敗」つけようと思います。

(追記:主要4部門中3部門「本命」、1部門「対抗」で当てた! 3.5勝。予想屋としてはいい成績あげれたんじゃないかな)

■年間最優秀レコード

◎Get Lucky/ダフト・パンク&ファレル・ウィリアムス
・Radioactive/イマジン・ドラゴンズ
◯Royals/ロード
・ロックド・アウト・オブ・ヘヴン/ブルーノ・マーズ
・ブラード・ラインズ〜今夜はヘイ・ヘイ・ヘイ♪/ロビン・シック feat. T.I. & ファレル

→結果:◎Get Lucky/ダフト・パンク&ファレル・ウィリアムス

「わりと保守」。ここ10年くらいのグラミー賞の主要部門ノミネートと受賞者を見ていくと浮かび上がってくるのがこの傾向なのです。セールスも重要な要素だけど、それだけで選ばれるわけじゃなくて。なんというか、ポップミュージックの歴史にちゃんと連なる“格式”みたいなものが評価される傾向があるというか。アデル、エイミー・ワインハウステイラー・スウィフトが選ばれ、レディ・ガガカーリー・レイ・ジェプセンは受賞してない、という。そう見ていくと、今年は特にダンス、ロック、ヒップホップ、などなど多彩なノミネートが揃ったけど、まずロビン・シックはないかな。セールスはあるけど曲のテイストが軽い。というわけで、本命はダフト・パンクスティービー・ワンダーと共演するというのも超楽しみ。そして対抗には今年の最大の注目株、17歳の天才歌姫ロードを。


■年間最優秀アルバム

◎ザ・ブレスド・アンレスト/サラ・バレリス
◯ランダム・アクセス・メモリーズ/ダフト・パンク
・グッド・キッド、マッド・シティー/ケンドリック・ラマー
・The Heist/マックルモア&ライアン・ルイス
・レッド/テイラー・スウィフト

→結果:◯ランダム・アクセス・メモリーズ/ダフト・パンク

今年のもう一つの注目株は「古着ソング」で一躍ブレイクしたマックルモア&ライアン・ルイスなんだけど、主要部門に関していえばヒップホップには辛口な傾向があるので、ケンドリック・ラマーと共に予想からは外しました。世間的にはダークホースなんだけど、ここでの本命はサラ・バレリス。「こんなハズじゃなかったラヴ・ソング」の人ですね。こういう「実力派ソングライター」が強いのがグラミー賞の傾向でもあって。「ブレイヴ」はfun.のギタリスト、ジャック・アントノフとの共作ということもあり、去年からの流れも含めて予想。対抗はやっぱりダフト・パンクです。2冠行ったらすごいな。

■年間最優秀楽曲候補

・ジャスト・ギヴ・ミー・ア・リーズン/P!nk ft. Nate Ruess
◯ロックド・アウト・オブ・ヘヴン/ブルーノ・マーズ
・ロアー 〜最強ガール宣言!/ケイティ・ペリー
◎Royals/ロード
・Same Love/マックルモア&ライアン・ルイス Featuring Mary Lambert

「わりと保守」なグラミー賞の受賞傾向を考えると、肉食系女子なケイティー・ペリーや同性愛ソングのマックルモアは選ばれないじゃないかなと思います。ここでの本命はやはりロード。過去のノミネートでは長らく有力候補ながらも外してきたブルーノ・マーズが対抗。

→結果:◎Royals/ロード

■年間最優秀新人候補

ジェイムス・ブレイク
・ケンドリック・ラマー
◎マックルモア&ライアン・ルイス
・ケイシー・マスグレイヴス
・エド・シーラン

→結果:◎マックルモア&ライアン・ルイス


マックルモア&ライアン・ルイスはここで受賞するんじゃないかとの予想です。YouTube再生回数4億回超。すごいよねえ。対抗馬はもはや新人とは言いがたいけどジェイムス・ブレイク。考えてみればエド・シーランもケンドリック・ラマーもロードよりキャリアあるミュージシャンなわけで、「最優秀新人」の選出基準が謎な感じです。

そして、その他の注目ノミネートから受賞を予想。こちらは能書き省略します。発表されたら当たり外れつけるよ。

(追記:こちらは1勝4敗でした…)

■最優秀ポップ・ソロ・パフォーマンス

・ブレイブ/サラ・バレリス
・君がいたあの頃に(When I Was Your Man)/ブルーノ・マーズ
・Royals/ロード
・ロアー 〜最強ガール宣言!/ケイティ・ペリー
◎ミラーズ/ジャスティン・ティンバーレイク

→結果:・Royals/ロード

■最優秀ポップ・デュオ/グループ・パフォーマンス

・Get Lucky/ダフト・パンク&ファレル・ウィリアムス
・ジャスト・ギヴ・ミー・ア・リーズン/P!nk ft. Nate Ruess
・ステイ/リアーナ feat. ミッキー・エコー
◎ブラード・ラインズ〜今夜はヘイ・ヘイ・ヘイ♪/ロビン・シック feat. T.I. & ファレル
・スーツ&タイ/ジャスティン・ティンバーレイク&ジェイ・Z

→結果:・Get Lucky/ダフト・パンク&ファレル・ウィリアムス

■最優秀ポップ・ヴォーカル・アルバム

・パラダイス/ラナ・デル・レイ
・ピュア・ヒロイン/ロード
◎アンオーソドックス・ジュークボックス/ブルーノ・マーズ
・ブラード・ラインズ/ロビン・シック
・20/20 エクスペリエンス/ジャスティン・ティンバーレイク

→結果:◎アンオーソドックス・ジュークボックス/ブルーノ・マーズ

■最優秀ラップ・アルバム

・ナッシング・ワズ・ザ・セイム/ドレイク
マグナ・カルタ・ホーリー・グレイル/ジェイ・Z
◎グッド・キッド、マッド・シティー/ケンドリック・ラマー
・The Heist/マックルモア&ライアン・ルイス
・イーザス/カニエ・ウェスト

→結果:・The Heist/マックルモア&ライアン・ルイス

■最優秀ロック・アルバム

・13/ブラック・サバス
◎ザ・ネクスト・デイ/デヴィッド・ボウイ
・メカニカル・ブル/キングス・オブ・レオン
・セレブレーション・デイ/レッド・ツェッペリン
・...Like Clockwork/クィーンズ・オブ・ザ・ストーン・エイジ
サイケデリック・ピル/ニール・ヤング with クレイジー・ホース

→結果:・セレブレーション・デイ/レッド・ツェッペリン



そして最後に告知。
27日(月)の22時から「WOWOWぷらすと」でグラミー賞授賞式のソーシャルビューイング番組に出ます〜。こちらも是非!
http://www.wowow.co.jp/plast/