日々の音色とことば

新刊『ヒットの崩壊』が出ました。

がらんどうの部屋と3月のライオン

3月のライオン 1 (1) (ジェッツコミックス)3月のライオン 1 (1) (ジェッツコミックス)
(2008/02/22)
羽海野 チカ

商品詳細を見る

引越しの準備が終わって、部屋には机とベッド以外何もなくなった。これで3回目になるけれど、がらんどうの部屋を見ると、毎回すこしセンチメンタルな気分になる。……なんて言ってもいられず、まだ残していた原稿があったので近所のネットカフェへ。パソコンはもうダンボール箱の中。

羽海野チカの新作『3月のライオン』の舞台も、がらんどうの部屋から始まる。第一話のはじまりは、目覚めから数ページにわたって、台詞のない無音の情景だ。弱冠16歳のプロ棋士である主人公の桐山零が棋院会館に向かう道のりも、他に誰もいない。

3月のライオン』については書きたいことも多いけれど、まず、あのカーテンすらなくダンボールを窓に貼っただけの部屋は、単に描写としてだけでも、すごく心にくるものがあった。

キャッチコピーは「やさしさ溢れるラブストーリー」になっているけれど、物語はとてもそれだけでは語りきれない重層的な構造を持っている。才能と努力と挫折の物語。傷と再生の物語。家族の物語。ハチクロがそうであったように、いろんな角度から味わうことができると思う。もちろん、ギャグマンガとしても。

いま、一番先が楽しみな漫画。