日々の音色とことば

新刊『ヒットの崩壊』が出ました。

ATOK PAD for iPhoneを導入してみた

ATOK PAD for iPhoneを導入してみました。

沢山の人が報告している通り、変換効率はさすがです。iPhoneを使っていてストレスに感じるポイントの多くがIMEのお粗末さにあったので、これは非常に便利。何より素晴らしいのが、Bluetoothの外付けキーボードに(非公式とはいえ)対応しているところ。

リリースされたばかりに書かれた記事だと「デフォルトの変換候補と両方表示される」とか「変換候補をキーボードで選べない」とかもあったけれど、バージョンアップのせいか現時点ではそんなこともない。

前の記事でも書いたとおり僕はリュウドのRBK-2000BTIIとiPhoneを組み合わせてメモをとったりすることが多いのだけれど、そこですごく邪魔になるのが変換の効率の悪さ。変換候補を選んだり、間違えて直したりの作業に時間がかかってスラスラ書けないと、やはり実用性にはかけてしまう。その点ATOK PADだと速い。余計なストレスがない。

おまけに、日本語テンキーやQWERTYの表示領域に画面をとられることもないので、こんな風に広い画面を使える。

これはもう、日本語で入力する限り他のメモアプリには戻れないかな。

とはいえ、まだまだ改善してほしいポイントはある。Bluetoothのキーボードで打っていると「英字変換」の方法が用意されていないこと。画面右下の「ABC」「あいう」というところをタッチして入力を切り替えるしかない。できればキーボードを打っているときはできるだけ画面をタッチせずにすべての操作を完結させたいので、なんらかのショートカットキーには対応してほしいところ。

ま、そんな不満はおいておいても、現時点ではリュウドの折りたたみキーボードとATOK PADの組み合わせは最強だと思います。