日々の音色とことば

新刊『ヒットの崩壊』が出ました。

バリ旅行記1/ALILA MANGGIS1日目

更新もままならないほど多忙だった9月のいろいろを潜り抜け、奥さんとバリにやってきました。式はまだだけれど、一応、新婚旅行というやつです。


最初の宿泊先は、チャンディダサにあるALILA MANGGIS(アリラ・マンギス)。クタやレギャンのような喧噪激しい都会のバリとは違って、空港から車で1時間半〜2時間かかるチャンディダサはのんびりした田舎町。

ホテルに着くと、レモン・ジンジャーのウェルカム・ドリンクのサービスと人の良さそうな笑顔で迎えられる。部屋に入るとベッドの上にはウェルカム・ケーキ。小粋なデザインの部屋と、気の利いたサービスが嬉しい。一息つくと、日本で心身に積もったいろいろな埃がゆっくりと流されていくような気がする。

ベランダからは波の音が聴こえる。

海外でもメールが気になる身としては、無線LAN完備という環境もありがたい。