日々の音色とことば

『ヒットの崩壊』『初音ミクはなぜ世界を変えたのか』発売中です

小沢健二が「彗星」で1995年と2020年の「今」を歌う理由

彗星

すごいの来た。小沢健二の新曲「彗星」。これを待ってた、という感じ。11月13日にリリースされる13年ぶりのニューアルバム『So kakkoii 宇宙』の収録曲とのこと。きっとアルバム全体を聴いたらまた捉え方も変わってしまうというので、今の時点でのファーストインプレッションを書きとめておこう。

 

 

歌詞はこちら。

 

www.instagram.com

曲はオルガンから始まる。いきなり歌が始まる。

そして時は2020
全力疾走してきたよね 

 

その言葉に応えるかのように、優しいストリングスがふわっと響く。

「♪ツー、タッタタ」というドラムのフィルを合図に、ベースラインがグルーヴのスイッチを入れる。ギターのカッティングとクラビネットがファンキーに跳ねる。そしてフレーズはこう続く。

 

1995年 冬は長くって寒くて
心凍えそうだったよね

 

その言葉に「♪パッパラッパ〜」とホーンセクションが合いの手のようなオブリガードを入れる。ここまで約30秒。完璧。このオープニングがほんとに最高で、ここばっかり繰り返して聴いちゃう。歌い出しから「1995年」と明示した歌詞も、軽快で多幸感に満ちたソウル・ミュージックのサウンドも、明らかにこの曲が「強い気持ち・強い愛」のアンサーソングであることを示している。

この「強い気持ち・強い愛」がリリースされたのが1995年。アルバム『LIFE』リリースの翌年だ。異例なハイペースでシングルをリリースし、音楽番組にもたびたび出演して軽妙なトークを繰り広げ、さらには紅白歌合戦にも初出場と、小沢健二のキャリアでは数少ないマスメディアを賑わせた狂騒の一年。

「強い気持ち・強い愛」はアルバム未収録曲なのだけれど(ベストアルバム『刹那』には収録)、今年に入って「強い気持ち・強い愛 (1995 DAT Mix)」という別バージョンも配信リリースされていた。

 

 

このジャケット写真を見ても、2曲が呼応しているのがわかる。

「強い気持ち・強い愛」にはこんな歌詞がある。

 

寒い夜に遠くの街からまっすぐに空を降ってきた
冷たく強い風 君と僕は笑う 

 

「寒い夜」に「冷たく強い風」。この曲では冬の情景が描かれている。

 

1995年の冬。それは阪神・淡路大震災と地下鉄サリン事件が起こった季節だ。前年夏に「ジュリアナ東京」が閉店した。バブルの残り香がたち消え、未曾有の天災と事件が世の中の空気と人々の価値観をがらりと塗り替えた季節。戦後日本のターニングポイント。

 

「強い気持ち・強い愛」は、そういう年に世に放たれた冬の曲だった。だから「彗星」ではこう歌われる。

 

1995年 冬は長くって寒くて
心凍えそうだったよね 

 

つまりこれは1995年と、おそらくやはり日本のターニングポイントとなるだろう2020年をつなぐ曲なわけだ。ちなみに、じゃあその途中の2000年代はどうなの?という問いにも、丁寧に歌詞の中で答えている。

 

2000年代を嘘が覆い イメージの偽装が横行する
みんな一緒に騙される 笑

 

そしてここからがポイント。

「強い気持ち・強い愛」と「彗星」には共通点がある。それはサビで歌われる「今」という言葉が大事なキーワードになっている、ということ。

 

今のこの気持ちほんとだよね  (「強い気持ち・強い愛」)

 

今ここにある この暮らしこそが 宇宙だよと
今も僕は思うよ なんて素敵なんだろう!と  (「彗星」)

 

どういうことか。

この2曲は、共に「長い人生の中で、ほんのわずかに訪れる完璧な瞬間」のようなものをモチーフにしている。まばゆい光に包まれるような、その記憶だけを抱えてずっと生きていけるような、すべてがむくわれるような瞬間。だから曲調は多幸感に満ちているし、ホーンは祝福の響きを高らかに鳴らすし、言葉は饒舌になる。この2曲に使われている「ほんと」と「真実」というキーワードがその象徴になっている。

で、「強い気持ち・強い愛」は、その「今」から未来を見通す曲で、「彗星」は、逆に「今」から過去を振り返る曲だ。

長い階段をのぼり 生きる日々が続く
大きく深い川 君と僕は渡る (「強い気持ち・強い愛」)

 

今遠くにいるあのひとを 時に思い出すよ
笑い声と音楽の青春の日々を(「彗星」)

 

そういう風に呼応していると考えると、この曲に1995年と2020年というキーワードが表れているのがハッキリすると思う。

ちなみに「彗星」の後半も相当やばい。転調して、最後の大サビをコーラスと共に高らかに歌い上げて、そこで3分ちょっと。そこで曲を終えても全くもって熱量たっぷりの大団円なのに、さらに掛け合いを畳み掛ける。

あふれる愛がやってくる 
その謎について考えてる
高まる波 近づいてる
感じる
ここ、控えめに言って狂ってると思う。素晴らしいです。

 

 

 

テイラー・スウィフト『Lover』と、「他の誰かの評判」じゃなくて「自分の好きなもの」で自分を定義する、ということ

Lover

ここのところ更新頻度落ちてたんだけど、ちゃんとこちらでも記録していこう。

というわけで告知から。BS日テレで毎週月曜 23:00~23:30放送の「イマウタ」にレギュラー出演してます。ストリーミングサービスのチャートにスポットをあてて「今、本当に聴かれている曲」をセレクトして紹介する番組。毎回”音楽マスター”として大仰な紹介されてるのこそばゆいんだけど、そろそろ慣れました。

www.bs4.jp

というわけで、今回は10月7日放送回で紹介したテイラー・スウィフト「Lover」について。

www.youtube.com

テイラー・スウィフトのなにがすごいって、ポップアイコンであることの「業」みたいなものに、誰よりも真っ向から立ち向かっていることだと思うのだ。

端的に言うと、自分自身が商品になる、ということ。自分の人生が、感情が、パッケージされて市場に並ぶということ。それをとことんまで突き詰めてるシンガーソングライターだと思う。

恋愛体験を赤裸々に書き留めた初期の作品にしてもそう。元カレへの復讐とか、有名どころとの恋愛ゴシップとか、テイラー・スウィフトの曲は、いわば「リアリティーショー・ポップソング」として磨き上げられて世に放たれていた。

カニエ・ウェストとの確執とか、炎上とか、いろいろあった騒動の数々をモチーフにした前作『レピュテーション』もそう。挑発的なエレクトロのビートに乗せ、悪評と復讐心を背負う「蛇としての自分」を歌い上げたキャリア史上最もダークなアルバム。

 わざわざ曲中に「ごめんなさい。昔のテイラーは今電話にでられません」「どうして?」「彼女は死んだから」というやりとりをフィーチャーする「Look What You Made Me Do」が最も象徴的。

www.youtube.com

でも、あれは「行き止まり」だったのだろうな、とも思う。

6枚のアルバムで、テイラー・スウィフトは常に自分自身の人生を切り売りしてきた。そうして記録的なセールスを達成してきた一方で、当然、彼女自身の人生は名声に踏み荒らされてきた。

『レピュテーション』がダークで”黒い”アルバムであるのに比べて新作『ラヴァー』は一聴して明らかにカラフル。曲調は『Red』に通じるチアフルなエレクトロ・ポップが中心。ディクシー・チックスをフィーチャーした“スーン・ユール・ゲット・ベター”のようにカントリーサウンドを打ち出した曲もある。表題曲はアコースティック・ギターに乗せてフォーキーな歌を聴かせる6/8拍子のロッカ・バラード。タイトルもアートワークも、焦点を当てているのは「愛」。

 

 MTVのVMAで「You Need to Calm Down」と「Lover」を披露したときのパフォーマンスも最高だった。

www.youtube.com

ただ、やっぱりすごいのは、単に「ラブソング回帰」「カントリー・ポップ回帰」なアルバムじゃない、ということ。ロマンティックなラブソングが並ぶが、新作は単なる恋愛ソング集ではない。そこがやはりテイラー・スウィフトの凄味だと思う。

アルバムにはテイラー・スウィフト自身の解説が封入されていて、そこには「10代の頃につけていた日記がアルバムのインスピレーションになった」ということが書かれている。

日記には自分の好きなことやものばかりが綴られていたそうで、だから新作のアルバムタイトルは「Lover」なのだという。「私は私の好きなもので私を定義する」というのが、実はアルバムのメインテーマ。誰かが自分について言ってた評判(=レピュテーション)ではなく、自分の愛するものこそが、自分のアイデンティティになる。ソーシャルメディアに跋扈する「自分について何かを言っている誰か」ではなく、自分自身の声に耳を傾ける、ということ。そういうメッセージがアルバムの核になっている。

そのうえで。このアルバム何がすごいって、テイラー・スウィフトが実際につけてた直筆の日記のコピーが、デラックス盤のCDに封入されているということなんですよ。しかも4種類。

nme-jp.com

デラックス盤の4種類、それぞれ違う時期の日記の抜粋がされていて、コンプリートするためには全部買わなきゃいけないという。いわばJ-POPのCDの特典商法めいた手法。で、結果、アメリカにおいて2019年最大のアルバム・セールスを記録したという。

そういうところも含めて、やっぱりテイラー・スウィフトの「人生を切り売りするポップアイコンとしての業」ってすさまじいな、とも思うけれども。

テイラー・スウィフトが言っている「”誰かの評判”じゃなくて”自分の好きなもの”で自分を定義する」というメッセージって、誰もがソーシャルメディアに振り回される今の時代、とても大事なものだよな、とも思う。

 

 

 

東方Projectの同人CDをサンプリングした「Omae Wa Mou」がTikTok経由で世界中でバイラルを巻き起こしている謎現象について

f:id:shiba-710:20191012105455j:plain

ツイッターにも書いたんだけど、あまりに意味がわからないミームの拡大を目の当たりにしたので、こちらにもちゃんと書き残しておこう。

 

簡単に言うと、2013年に作られた東方Projectのアレンジ曲が、なぜか2019年の夏になって英語圏を中心に世界中で巨大なバイラルを巻き起こしてしまっている、という現象だ。

それがdeadman死人「Omae Wa Mou」という曲。

open.spotify.com

 

これが、英語圏で謎のミームとなり、バイラル現象を起こしている。

アニメ絵の女の子がジャケットで、歌詞は日本語。これがSpotifyのアメリカのバイラルチャートで1位(8月25日時点)。グローバルのバイラルチャートでも2位(同)となっている。

 

spotifycharts.com

聴いてみると、柔らかなアコースティックギターの響きから曲は始まる。ボサノヴァの曲調だ。そして唐突に「お前はもう死んでいる」のセリフ。北斗の拳だ。誰がどう聞いてもケンシロウである。

続いて、キュートな女性ヴォーカルで「♪ うつむいたこのおでこトントン叩いたのは 君なのかな? 違うのかな?」と歌が始まる。

www.youtube.com

一体これは何なのか? 何が起こってるのか?

調べてみたら、原曲は2013年に同人頒布された東方ボサノバアレンジCD 『TOHO BOSSA NOVA 2』に収録された楽曲「タイニーリトル・アジアンタム」。作曲は、同人音楽サークル「Shibayan Records」の代表shibayanさんだ。

www.youtube.com

Shibayan Recordsによる「TOHO BOSSA NOVA2」公式ページとクロスフェードはこちら。

shibayan.la.coocan.jp

soundcloud.com

「東方アレンジ」というのは、ちゃんと話すととても長くなってしまうのだけれど、ざっくり言うと、「東方Project」という同人界隈で大きな人気を持つシューティングゲームのBGMに端を発する音楽の二次創作のカテゴリのこと。つまり、00年代から2010年代に至る日本のオタクカルチャー、同人文化のかなりど真ん中にある音楽。

で、なんで、これが2019年になって英語圏でバズっているのか?

それを解説した記事がこれ。

www.rollingstone.com

上記のRolling Stone.comの記事によると、どうやら曲を作った「deadman死人」とは、18歳のトラックメイカー、Noah Ryan Murphyのことだという。

彼が曲を作って発表したのは2017年9月。まだ16歳のときのことだ。

曲を作った動機は「Type beatを作って、それを売って小遣い稼ぎをしたかった」ことらしい。Type beatについてはちゃんとした解説が必要だと思うので、以下の記事を参照。

note.mu

Type Beatとは、ざっくり言うと「有名なラッパーの曲調を真似て作られた販売用トラック」のこと。日本語に訳すなら「○○っぽいビート」ということになるかな。ラッパーがヒット曲を出すと、それっぽい感じのトラックをトラックメーカーが作って、主にYouTubeで公開する。

そして、デビューしていなかったり金がなかったりしてプロデューサーにトラックを発注できない若いラッパーは、YouTubeでたとえば「Chance the Rapper type beat」とか「Travis Scott type beat」みたいに検索して、気に入ったビートを見つけたら、その動画の説明欄に記載されているリンクからBeatStarsやAirbitといった販売サイトで楽曲をダウンロード購入する。大抵は安値なので気軽に買える。それに乗せてラップを発表する。

有名どころで言うと、2019年最大のヒットになったLil Nas Xの「Old Town Road」も、もともとはType Beatにラップを乗せて作られた曲だった。

www.youtube.com

このトラックを作ったのは、19歳のオランダのビートメーカー/プロデューサーYoung Kio。 Nine Inch Nails の「Ghost IV – 34」のバンジョーをサンプリングしたビートを販売サイト「beatstars」で売っていて、それを見つけたLil Nas Xがラップを乗せて作ったのが「Old Town Road」のそもそもの成り立ち。ちなみにYoung Kioは今でもbeatstarsにアカウントを持っている。

www.beatstars.com

Type Beatについて詳しくは、以下の記事も参照。

 

Type Beat(タイプビート)とは?mcknsy.wordpress.com

ototoy.jp

というわけで、話を戻すと「deadman死人」こと当時16歳のトラックメイカーNoah Ryan Murphyは、2017年、どっかから見つけてきた東方アレンジ曲「タイニーリトル・アジアンタム」と、『北斗の拳』の「お前はもう死んでいる」というセリフをサンプリングして、「Lil Boom × anime Type Beat」として販売した。つまりは「Lil Boomがアニメっぽいトラックでラップしてる風のビート」ということ。

そしたら、ラッパーのLil Boom本人がこれを買ってラップを乗せた。それが「Already Dead」という曲。

www.youtube.com

と言っても、別にLil Boomは全然メジャーデビューしてる大物ってわけでもない。アメリカの無名のアニメ好きラッパーで(ちなみにLil Uzi Vertを筆頭に今のアメリカのアフリカ系アメリカンのラッパーにはアニメ好きがかなり増えてきている)、自分の曲とアニメのマッシュアップをInstagramに投稿したりもしている。

www.instagram.com

で、ここからが最大の謎。

このLil Boom「Already Dead」が、なぜかTikTokでバイラルを起こし始めた。「#uwuchallenge」というハッシュタグと共に、ダンスチャレンジのBGMになった。

www.youtube.com

www.youtube.com

TikTokの公式サイトで「#uwuchallenge」を検索しても、かなりの動画が投稿されている。

www.tiktok.com

それこそLil Nas Xの「Old Town Road」がそうだったように、TikTokはグローバルなミーム発火装置になっている。大物プロデューサーの後ろ盾があったわけでもなく大々的なプロモーションもなかった無名の新人をいきなりメインストリームに押し上げ記録的なヒットを成し遂げる原動力を果たしている。そのあたりを辰巳JUNKさんが解説した記事がこれ。

www.cinra.net

リアクション動画シェアに特化したTikTokは、それ自体が「ミームソング量産機」と言える。若者が中心のため斬新でアクティブなダンスやユーモア動画の需要が高く、みんなで同じテーマに挑戦するハッシュタグチャレンジが流行しやすい。そこでBGMに用いられるミームソングがバイラルヒットとなる仕組みが形成されているのだ。

ちなみに僕もこれについての記事を書いています。TikTok Adsの鈴木瑛さんへのインタビュー取材。

www.cinra.net

機械学習のアルゴリズムにより、ユーザーが今最も興味を持っているコンテンツを提供することができます。我々は「ソーシャルグラフからコンテンツグラフへ」という言い方をしています。

ソーシャルグラフというのは従来のSNSのような、友人や親しい間柄のつながりをもとにした関係。コンテンツグラフは、友人関係ではなく、ユーザーがどんなコンテンツを作り、消費してきたかということに基づくレコメンデーションによるつながりです。

ソーシャルグラフからコンテンツグラフに移行すると、クリエイターとしては、面白いコンテンツを投稿すれば、もともとのフォロワー数は関係なく視聴者を獲得することができるようになるんです。ユーザーとしては、楽しいコンテンツが自然に集まってくるようになり、そういうレコメンデーションが我々の大きな強みになっています。

 

上記のように鈴木さんは語っている。重要なのは、TikTokが機械学習のアルゴリズムを用いて「面白いコンテンツを投稿すれば、もともとのフォロワー数は関係なく視聴者を獲得することができる」というレコメンデーションを実現していることで、つまりはすでに多くのフォロワーを持つインフルエンサーでなくてもミームを生むことができる、というプラットフォームになっている。

上記の記事の末尾で、僕はこんなふうに書いた。

TikTokがここ数年で証明しているのは、ひとつのプラットフォームの勃興が新しい形のコミュニケーションを生み、それが今までにないヒットに結びつき、新しいカルチャーを定着させていくという潮流だ。とても興味深いことが起こっていると思う。

そしたら、まさにその直後に、今までにないヒットが生まれつつある瞬間を目撃してしまった。

 

これは冒頭の僕のツイートに対しての、「タイニーリトル・アジアンタム」の作曲者shibayanさんのコメント。

マジで意味わかんないことが起こってると思います。完全に新時代。