読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日々の音色とことば

新刊『ヒットの崩壊』が出ました。

bloodthirsty butchers、吉村秀樹氏のこと

音楽について

kocorono


bloodthirsty butchers吉村秀樹さんが亡くなった。享年46歳。ニュースを訊いたときは、すぐには信じられなかった。

ナタリー - bloodthirsty butchers吉村秀樹が逝去http://natalie.mu/music/news/91684

(これは「RISING SUN ROCK FESTIVAL 1999 in EZO」での“7月”。あの時、あの場所に居られたことは幸せだったと思う)

吉村さんに初めてお会いしたのは2000年のこと。あの頃、ぼくは「ロッキング・オン・ジャパン」という雑誌の編集者で、同じく編集者だった上野三樹さんと、ミュージシャンの自宅に訪問してレコードやCDの話を訊くという連載コーナーをやっていた。その何回目かに登場していただいたのが吉村さんだった。杉並区にあった木造の小さなアパート。今から考えたら、初対面の何もわかってないような二人が突然押しかけて、ずいぶん失礼な話だったと思う。その頃は札幌時代の“ジャイアン”伝説なんて知らなかったし。でも、吉村さんはすごく優しかった。部屋には大量のレコードと鳴らないギターと壊れたビデオデッキが積み重なっていた。フガジと鮎川あみのポスターが並べて貼ってあった。

その時の原稿、引っ張り出してきた。懐かしい。

柴――レコードはどこで買うんすか?
吉村――新宿から吉祥寺までかな。やっぱ安い所と夜遅くまでやってるところ。結局は100円でラッキーって思って、「これ俺しかわかんねえだろうなあ」とかいうのを楽しみにあさってる。そういうの見つけるのが巧いんだよね。

上野――学生時代聴いてたのは?
吉村――パンク、ニューウェーヴだね。その頃のレコードもちゃんと今でも持ってるよ。田舎だったから買える物は限られてて。何にも知らないお父さんに頼んで買ってきてもらってた、札幌で。DEVOとか。でも輸入盤のジャケがカッコ良くて欲しかったのに『違うー!』ってなって(笑)
柴――お父さんてそういうの、必ず間違えますよね(笑)。
吉村――お父さんさあ、貨物船の船乗りだったから、音楽なんて全然知らないからさ。俺すごいことやらしたなあって。
柴――レコードの貸し借りとかってしてました?
吉村――貰う方だね(笑)、まるっきり貰う方。「これはきっと俺んとこ来た方がいい」って思ったら、自然とあって。今でも大事にしてるよ。売ってお金になってるのも一杯あるけど。

柴――あ、ここにあるレコードの写真も撮りましょうよ。
吉村――でも、見て「これ、俺のヤツだ!」って思う奴いるんだろうなあ(笑)。ニック・ドレイク、ハスカー・ドゥー、ザ・ポップ・グループモーターヘッドペンギン・カフェ・オーケストラ……(床の上にレコードを並べ始める)……並べるんだったら、全部ぶちまかしてもいいなあ。……ああ、幸せになってきちゃったなあ。1日中こん中に埋もれてたいなあ。

(『ロッキング・オンJAPAN』2000年9月号より)


その後、インタヴューで本人にお会いする機会はなかなか無かったけれど、いろんな人から、吉村さんの話を聞いた。bloodthirsty butchersを追ったドキュメンタリー映画『kocorono』がDVDとしてリリースされた時には、ヒダカトオルさんと(高校時代からの付き合いだという)掟ポルシェさんにブッチャーズと吉村さんについて語ってもらう対談の司会をしたりした。


(「いつ死ぬかわかんねえからよ」「伝説になっちゃダメなんだよ」「っていうことは、生き続けなくちゃいけないってことなのさ」。そんな風に映画の中で吉村さんは語っていて、改めて、ドキリとさせられる)

『kokocorno』については、以下の座談会も貴重なテキストとして残っている。上の言葉の真意も語られていた。

bloodthirsty butchers ドキュメンタリー映画『kocorono』公開記念座談会 吉村秀樹(bloodthirsty butchers)×川口 潤(『kocorono』監督)×中込智子(音楽ライター) - インタビュー | Rooftop
http://rooftop.cc/interview/110201140000.php

kocorono [DVD]kocorono [DVD]
(2011/06/15)
bloodthirsty butchers吉村秀樹

商品詳細を見る

昨日も、沢山の人が、吉村さんの死を悼んでいた。












とても愛されている人だったんだと、改めて思う。ご冥福をお祈りします。


kocorono完全盤(紙ジャケット仕様)kocorono完全盤(紙ジャケット仕様)
(2010/03/10)
bloodthirsty butchers

商品詳細を見る