読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日々の音色とことば

新刊『ヒットの崩壊』が出ました。

今年もありがとうございました/2014年の年間ベストについて

音楽について

もう年の瀬。

 

2014年はあっという間にすぎた一年でした。個人的には初の単著を出せたことが大きかったかな。cakesの大谷ノブ彦さんとの対談やFaRaoでの音楽ルーツ記事などいくつかの連載が始まったり、『AERA』の「現代の肖像」で福嶋麻衣子さんや川田十夢さんを追ったり、いろいろと意義深い仕事をやれたことも大きかったです。

 

 

初音ミクはなぜ世界を変えたのか?

初音ミクはなぜ世界を変えたのか?

 

 


心のベストテン|大谷ノブ彦/柴那典|cakes(ケイクス)

 FaRao Music Discovery - OKMusic

 

 「note」を始めたのも今年でした。なんとか年内に100曲まとまった……。

2014年の「おすすめ100曲」リスト|柴 那典|note

■2014年に盛り上がった音楽

 というわけで、まずは年間ベストですが、『ミュージック・マガジン』誌の特集では、洋楽・邦楽・オールジャンルで以下の10枚をセレクトしました。

 

MUSIC MAGAZINE (ミュージックマガジン) 2015年 01月号

MUSIC MAGAZINE (ミュージックマガジン) 2015年 01月号

 

 

  • BABYMETAL/BABYMETAL
  • でんぱ組.inc/WORLD WIDE DEMPA
  • サム・スミス/イン・ザ・ロンリー・アワー
  • ROTH BART BARON/ロットバルトバロンの氷河期 (ROTH BART BARON'S “The Ice Age”)
  • 銀杏BOYZ/光の中に立っていてね
  • くるり/THE PIER
  • 坂本慎太郎/ナマで踊ろう(Let’s Dance Raw)
  • Vampillia/The Divine Move
  • N.O.R.K/ADSR
  • 米津玄師/YANKEE

 

cakesの「心のベストテン」で選んだ2014年ベストトラックはこちら。

 

1位 くるり「Liberty & Gravity」
2位 サム・スミス「Stay With Me」
3位 坂本慎太郎「あなたもロボットになれる feat.かもめ少年少女合唱団」
4位 Basement Jaxx「Never Say Never ft. ETML」
5位 ゲスの極み乙女。 「猟奇的なキスを私にして。」

 

上では触れられなかったけれど、洋楽についてはポーター・ロビンソンやラスティーもよく聴いたなあ。

 


Porter Robinson - Lionhearted ft. Urban Cone ...

 

ちなみにTVでがんがん流れてるGoogleの「Year in Search」CMのBGMに選ばれていたのも、ポーター・ロビンソンの「Divinity」。こちらもアルバム『Worlds』収録。ブレイクするといいな。

 


Google - Year in Search: 検索で振り返る 2014 - YouTube

 

Worlds

Worlds

 

 

 


Rustie - Lost ft. Redinho - YouTube

 

 

Green Language

Green Language

 

 

洋楽の私的ベスト10はこんな感じ。

1位 Sam Smith『In The Lonely Hour』
2位 Porter Robbinson『Worlds』
3位 Basement Jaxx『Junto』
4位 Rustie『Green Language』
5位 D'Angelo And The Vanguard『Black Messiah』
6位 Flying Lotus『You're Dead!』
7位 Sia『1000 Forms of Fear』
8位 U2『Songs of Innocence』
9位 Taylor Swift『1989』
10位 The Rentals 『Lost In Alphabetical』

 

こうしてみると、自分でも意外なほど好みがはっきり出たなあと思います。ディアンジェロはちょっと数日では咀嚼できないほどすごかったのでこの順位。Siaもよかったし、フライング・ロータスも格好よかった。やっぱりエモーショナルなものに惹かれるんだなあ、と思ったりします。


 

邦楽の私的2014年ベスト10はこんな感じ。(こちらは順不同、ミュージック・マガジンで選んだものから集計期間が違うのでちょっと更新されてます)

1位 BABYMETAL『BABYMETAL』
2位 ROTH BART BARON『ロットバルトバロンの氷河期』
3位 銀杏BOYZ『光の中に立っていてね』
4位 くるり『THE PIER』
5位 V.A.『宇多田ヒカルのうた -13組の音楽家による13の解釈について』 
6位 三代目J SOUL BROTHERS『R.Y.U.S.E.I.』
7位 米津玄師『YANKEE』
8位 N.O.R.K『ADSR』
9位 TRICERATOPS『SONGS FOR THE STARLIGHT』
10位 坂本慎太郎『ナマで踊ろう(Let’s Dance Raw)

 

そういえばこんなツイートもしてました。

三代目J Soul Brothersは全然追ってなかったけど、この曲だけは抜群によかった。去年の「恋チュン」枠かもしれない。

 

■「年間ベスト」と、あらためて、個人がメディアになったということ

 

で、雑感。

 

これは僕自身の個人的な印象かもしれないけれど、音楽の「年間ベスト」をブログやSNSで発表する人、どんどん増えてきている気がします。もはや当たり前なものになってきている。映画なり書籍なりもそう。もちろん以前からずっとやっていた人も多いだろうし、ソーシャルメディアの普及でそれが可視化されただけかもしれないけど。それでも、それはやはりここ5年くらいの変化なんじゃないかと思う。

 

以前にもどっかで書いたり喋ったりしたことだけど、やっぱりそれは、個人がメディアになりつつあるということだと思います。情報環境の変化によって、一つ一つの情報の粒度はより小さくなり、その量は指数関数的に増えてきている。そして、マスメディアやその分野のオーソリティーのような「権威」だけではなく、その受け手たる各個人も自らフィルタリングを担うようになってきている。


何か新しいものに出会うための手段の一つが、自ら発信することになっている。

 

そのことは基本的には素晴らしいことなのではないかと思っています。端的に知り合い含めていろんな人の年間ベストを見るのは楽しいしね。

 

というわけで、以下にリンクもいろいろ貼っておきます。ずらーっと見てると知らなかった名前のほうが圧倒的に多く、なにかを「網羅する」なんて到底不可能な時代なんだなあと改めて思ったりします。

 


私の2014洋楽ベストアルバム50♪|『ちーたか』

  

レジーのブログ 【2014年総括】マイ年間ベスト10枚


【年間ベスト・アルバム】 BEST ALBUMS 2014 : キープ・クール・フール

 

2014年マイベストディスクトップ20 10位〜1位 | たにみやんアーカイブ

 


2014年の音楽を振り返る « SOUL for SALE

 


2014年何聴きましたか? : DAの今日何しましたか?


Best Tracks of 2014 / Hiroyuki Oyama | Spincoaster(スピンコースター)

 


Best Track of 2014 / takumi | Spincoaster(スピンコースター)

 


Best Tracks of 2014 / Kohei Nojima | Spincoaster(スピンコースター)

 


Best Tracks of 2014 / Jun Hayashi | Spincoaster(スピンコースター)

 


2014年ベストアルバム by ぴっち - 音楽だいすきクラブ


2014年 年間ベストディスクなど - 主にロックバンドのライブのセトリや全体の空気感をなるべく早くアップするブログ

 


MY 20 RECOMMEND TRACK 2014 - out-focus

メディアが個人の年間ベストを集計する企画も増えてきている。

 


あの人が選ぶ! EYESCREAM.JP的 2014年度 レコード大賞 | EYESCREAM.JP - For Creative Living

(雑誌『EYESCREAM』の企画。坂本慎太郎、ACO、TOWA TEI、松田"CHABE"岳二、フルカワミキ、やけのはら、AKLO、久保憲司など…)


only in dreams

(こちらは恒例、ウェブサイト「only in dreams」の企画。後藤正文、喜多健介、山田貴洋、伊地知潔、石毛輝、マット・シャープ、YeYe、山本 剛義、古渓一道など…)

 

こういう企画もありますね。

 


2014年のベストアルバムを集計します - 音楽だいすきクラブ

 

そして、ここから以下はウェブメディアの年間ベスト。

 


2014年ベストアルバム 1〜10位 | AMP - 新しい音楽と出会える情報サイト

 


2014年 年間ベスト・アルバム50 | the sign magazine

 


OTOTOY AWARD 2014 BEST ALBUM 20 & BEST SINGLE 10 - OTOTOY

 


【まとめ】2014年のアルバム年間ベストは?メディアのランキングを総括! アノ人が選ぶベスト10も! | Qetic - 時代に口髭を生やすウェブマガジン “けてぃっく”

 

いろんな音楽との出会いがあらんことを。来年もよろしくお願いします。